×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

占い@まとめサイト

占い 鑑定

 占いとは、様々な方法で未来や他人の心の内など直接観察することのできない出来
事について知ることをいいます。鑑定とは、専門的な知識を持つ人が、科学的、統
計学的、感覚的な分析に基づいて行う、評価・判断のことをいいます。
 その鑑定の一つが占いであるといえます。現在、科学的根拠の有無・妥当性に関わ
らず、「占いを鑑定する」という表現をするのが一般的になっています。
 占いを鑑定する人を、占い師又は占い鑑定師と呼んでいます。
 占いの鑑定方法には大きく分けて三種類あります。一つは、命(めい)というもの
で、人の運命や宿命を占い、鑑定するもので巣。誕生した生年月日・時間や、生ま
れた場所の条件も加えることによって、その人の生来の性質・傾向・人生の流れを
占い、鑑定するものです。代表的なものとして、四柱推命・占星術などがあります。
 二つ目は、卜(ぼく)というもので、人が関わりあう事柄又は事件を占い、鑑定す
るものです。時間・現象・方位など基本にして、占う時の偶然性も加味して鑑定し
ます。代表的なものには、易・タロット占い・水晶占いなどがあります。
 三つ目は、相(そう)といい、目に見える対象の姿や形を鑑定して、人への影響・
吉凶を占います。人の相は過去の現れであることから、未来も鑑定できるというも
のです。代表的なものには、手相・姓名判断・風水などがあります。
 これらを、目的に応じて使い分けたり、組み合わせて占い鑑定することが肝要とさ
れています。

名前 占い

 名前での占いで代表的なものは、姓名判断です。姓名判断とは、人の名前からその
人の性格・人生の気運・適職・恋愛の傾向と結婚運・家庭運、どのような病気に罹
りやすいか、など、全般的に運勢として総称される事柄についての占いの一つです。
 やはり、名前による運・不運はあるようです。通常は、名前の字の画数から五個の
格数を算出して解釈を行いますが、生年月日も考慮に入れることもあります。
 五個の格数のことを五格といい、人格・天格・地格・外格・総格をいいます。人格
とは、姓の一番下の文字と名前の一番上の文字を合計した数で、その人の性格・能
力・人生等を表します。天格は、姓の文字の画数を合計した数で、先祖運を占いま
す。地格とは、名前の文字の画数を合計した数で、生まれてから青年期頃までのそ
の人の運勢と能力・性格・体質などを占います。外格とは、総格の画数から人格の
画数を引いた数で、職場などでの対人関係を占います。総格とは、名前全部の画数
を合計した数で、中年期以降の運勢を占います。
名前による占いも学問の一種で、姓名学とも呼ばれており、名前によって自分を知
り、良い所を活かし、悪い所を補う努力をすることに意味があるとされています。
 運命をよい方向に変えるために、占いの結果によって戸籍上の名前を変える、つま
り改名する人も少なくありません。

 

パン 占い

 食べ物占いの一つに、パン占いがあります。パン占いは、フジテレビ「ごきげんよ
う」のハッピー占い研究所で紹介され、一躍有名になりました。占い師によっても
異なりますが、生年月日と血液型によって12〜16タイプのパンに分類して、性
格・運勢を占います。例えば、山型食パン・クロワッサン・田舎パン・ライ麦パン
・デニッシュ・フォカッチャ・バケット・ピタパン・あんパン・クリームパン・メ
ロンパン・カレーパン・レーズンパン・ブリオッシュ・イングリッシュマフィン・
ラスクなどがあります。
 山型食パンタイプは、生真面目の正統派で、良きリーダーとなります。クロワッサ
ンタイプは個人主義が強く、几帳面なタイプです。田舎パンタイプは包容力がある
リーダータイプです。ライ麦パンタイプは頭脳明晰な人、デニッシュタイプは物知
りで頑固な人、あんパンタイプは感受性が高く、人付き合いが慎重、クリームパン
タイプは自信家の割りに内弁慶、メロンパンタイプは世話好きで世渡り上手、カレ
ーパンタイプはまるで宇宙人のような不思議な思考を持った人、レーズンパンタイ
プは堅実で安定志向型、といったように、性格が分かれます。
 運勢の占いや、どのパンのタイプと相性が良いかという占いもできます。

ほくろ 占い

 ほくろは、様々なことを人間に警告しているといいます。ほくろ占いでは、ほくろ
の表れる位置によって、その人の性格、身体の弱い場所、人生で注意しなければな
らないことなどを、教えてくれてます。
占いに用いるほくろは、顔だけではなく、身体、腕、足、手のひらなど、様々です。
 また、ほくろが同じ場所にあっても、占いでは男性と女性では解釈が少し異なって
います。例えば、額の上部にほくろがある人は、自力で運命を切り開いていく人で
す。男性であれば奇抜な発想で注目を集めます。また女性であれば仕事が良くでき
るため婚期は遅れますが、よい縁談に恵まれるそうです。
 また、手のひらのほくろ占いでは、手相占いにも関連していますが、ほくろは基本
的に悪い意味合いがあると考えられています。ただし、色つやの良いほくろは、良
い意味合いに受け取ってもよい場合があるようです。
 知能線上にあるほくろは、首から上の頭部に関する何らかの病気を表していること
があります。また、生命線上にあるほくろは、何らかの病気や怪我を暗示するもの
として意味づけられており、その異常が生じる時期を推測することも可能です。更
に、感情線上にあるほくろは、恋愛に関するトラブルに巻き込まれる暗示がありま
す。
 ほくろ占いでは、ほくろの意味を知ることで思慮深くなり、苦難の少ない人生を送
ることが目標です。

家相 占い

 家相占いとは、家の位置や向き、構造・間取りから吉凶を見るものです。基本的に、
九星気学で判断する占いのことをいいます。
 家相占いは、風水の一種といわれています。風水は、古代中国の思想で、都市や住
居・建物、墓などの位置を決定するために用いられてきたものです。
 「風」をあやつり「気の流れ」を物の位置で制御することで、運気を上げるという
ものです。家相占いは、風水の中でも特に住宅の間取りや方位を最も重要視した占
いです。
 良い家相とは、住む人を病気にさせない家づくりの知恵です。  
家相が悪ければ、後継ぎが生まれない(男子または女子または両方)・病災が絶え
ない・何回も事故に遭う・嫁いだ娘が離婚し出戻る・金銭トラブル・一家離散・な
ど、様々な災難が次々と起こります。
 しかし、家相が良ければ全てにおいて順風満帆に進み、動産・不動産を入手したり、
金運も益々上昇したり、健康で長生きしたり、嫁いだ娘たちにも良い影響を与えた
りします。
 家相占いの基本は「張り」と「欠け」です。家を建築する際に、長方形の家が理想
ですが、最近の家はデザインの凝った物が多く、複雑な外観になってしまい、どこ
かに出っ張ったところや、引っ込んだところが出てきます。この、出っ張ったとこ
ろを「張り」、引っ込んだところを「欠け」といいます。占いでは、一般的に「張
り」は吉相、「欠け」は凶相となり、住んでいる人に影響を与えるといいます。

 

リンク集一覧

最新記事

ページの先頭へ

バイト求人探し